「インターンシップ」

宮田和久(経済学部経済学科38期)<内定先:株式会社キーエンス>

神土勝伍(文学部人間学科38期)<内定先:株式会社山田養蜂場>

今回は「インターンシップ」をテーマに対談を進めていきます。宜しくお願いします。

宮田神土:宜しくお願いします。

まず、自己紹介をお願いします。

宮田:経済学部経済学科38期の宮田和久と申します。内定先は株式会社キーエンスです。インターンシップでは、3年生の夏に3週間、パナソニック セミコンダクター社の半導体部門で調達を経験しました。
神土:
文学部人間学科38期の神土勝伍と申します。内定先は株式会社山田養蜂場です。インターンシップでは、3年生の夏に5日間、サントリーで商品開発を勉強しました。

インターンシップをしようと思った理由やきっかけを教えてください。

宮田:理由は3つあります。まず1つ目は、「インターンシップの募集から実習までの流れが就活と同じなので、本番に備えられるよ」と先輩から勧められ、"プレ就活"という感覚で挑戦しました。2つ目は、自分の力を試したかったという点です。社会で求められている力と自分の能力とのギャップを知りたくて挑戦しました。3つ目は、自己分析と業界分析を深めたいと考えたからです。

神土:3年生の前期に「キャリアビジョンⅠ(※2012年度以降は3年次後期に開講)」という授業を履修していて、まずはインターンシップに挑戦しようと言われていたことが大きなきっかけです。授業や前期のガイダンスの中で、面接のやり方や姿勢、マナー、エントリーシートの書き方を学んだので、これらを実践する良い機会がインターンシップだと思い、自分の力を試してみたいと考え応募しました。

インターンシップを通して学んだこと、キャリア意識の変化などを教えてください。

神土:僕は商品開発の奥深さを知りました。ちょっとした工夫で売れるようになることを知り、商品開発の魅力を感じました。
宮田:
僕は、ビジネスマナーや挨拶、報告・連絡・相談がすごく大事だと思いました。また、多くの人とのコミュニケーションの中で仕事が成り立っていくことに気付くことができました。
神土:あとは、結果よりプロセスを重視するスタイルが自分自身に定着していることに気付き、働くうえでは、「結果にこだわる姿勢」が求められることを学びました。
宮田:
他にも分散調達の重要性や調達という分野はいろんな企業の営業と会うので、営業だけでなく調達も会社の顔になるのだと気付かされました。

インターンシップの経験が就職活動に与えた影響はありますか。

宮田:就活にはスピード感を持って臨もうと決めました。もう一つは、中小企業が日本の大きな企業を支えていることに気付き、国際競争の中でも技術は持っているけど、価格で負けているような企業の競争力を高めるような仕事がしたいと考えるようになりました。

神土:僕は、自信がついたというのが1番大きかったです。また、自信がついた反面、危機感も覚えました。社会で求められる人とは、「コミュニケーション力があって、さらに能力がある人 というのを感じとることができたので、就職活動をする上で、自分が何を伸ばせたらいいのかというところを具体的に考えはじめることができました。

宮田:そうですね。僕もレベルの違いや上には上がいることや自分の力が足りていないということに気付かされました。英語力についても、シンガポールの会社と電話会議する機会があり、全く何を言っているかわからなかったんです。しかし、社員の方たちはコミュニケーションをとっていて、伝わる生きた英語が必要だと感じさせられました。

1・2年次からインターンシップに挑戦することについてどう思いますか。

宮田:良い考えだと思います。早い段階から挑戦することで自分のキャリアステップや大学生活の充実につながると思います。学外の人に会ったり、いろんな業界に触れたりすることは、自ら意識的に取り組んでいった方が良いと思います。

神土:同じくとても大事なことだと思います。自分の今いるコミュニティーの中から一歩外に出ることで、何かしら刺激を受けると思うので、そういう機会が多ければ多いほど自分の成長につながると思います。

宮田:インターンシップに限らず、将来自分がこうやりたいとか興味持っていることを実際行動に移してみないと興味関心が本物かわからない部分があると思います。インターンシップをはじめ、夢の実現や夢を発見するために必要なアクションを積極的に起こしてほしいですね。ただ、学部の授業等の学業をしっかりやっているというのが前提ですけどね。

最後に夢や将来の目標を教えてください。

宮田:営業成績で1位を取りたいと思っています。後輩の希望になるとともに、後輩の進路サポートもしっかりとしていきたいです。

神土:社風を取り入れつつ新しい道を切り開いていく商品開発をしたいです。もう一つは、創大生が入ってくれてよかったと会社から認められるように、信頼を築いていきたいと思います。

本日は貴重なお話をしていただき、本当にありがとうございました。

(2012年3月制作)