「GLCに入ったきっかけ」

大学入学時、世界を舞台に活躍できる人材に成長したという強い希望はあったものの、実際に自分が世界で働くとなったとき一体何ができるのかを考えると全く思い浮かびませんでした。その時に知ったのがGLCでした。世界を見続けるGLCのプログラムに興味をもち、ガイダンスに参加し先輩方の輝いている姿に魅了され、私もここで学び先輩方のようになるとともに、世界的課題を解決する人材に成長したいと思い応募しました。

「心に残っている講座」

世界で起きている問題を探し、分析し、解決策を見つけ出す「Global Analytics」の講座です。私は、GLCに入るまで世界のニュースについて受け身な姿勢でした。しかし、絶えず変化していく世界を意識するには、世界情報を自ら集める積極的な姿勢が重要であることに気付くことができました。この講座の中では、世界で起きている様々な問題の本質的課題をグループディスカッションの中で討論していきます。その時に必要なのが多角的な視野でした。一つの問題を考える際も、異なる視点から見てみることで様々な考え方ができることを学びました。このような幅広い視野を持つことは普段の授業や、学生生活の中でも大変役立っています。

「将来の夢」

世界の食の不均衡という問題解決に貢献できる人材になりたいです。サークル活動の中で、先進国では食糧が余り大量に捨てられているのに対して、発展途上国では食糧が不足し多くの人が飢餓で苦しんでいるという現状を知り衝撃を受けました。世界には、人々が生きていくために必要な量の食糧があるにも関わらず、何故このような食糧の流通システムなのか。このような課題にアプローチしていくためには、まず、食品業界や貿易業界で知識や経験を得ることが必要だと考えています。そして、様々な経験を通じて、世界の食糧問題解決に携わる女性リーダーとして成長していきたいです。