「GLCに入ったきっかけ」

大学では勉学に励み社会で活躍する実力をつけると決意していた私は、入学後すぐにGLCの説明会に参加しました。そこで、卒業後社会で活躍されているGLCのOB・OGの方々の姿に触れる中で、私も先輩方のように「世界を舞台に、人々に役立つ人材になりたい」との思いが強まりました。また、GLC説明会で行われた先輩方の模擬ディスカッションを見た時、白熱した議論の中でも、スムーズにかつ短時間で議論をまとめる様子に、とても圧倒されました。授業中の議論を上手く進められず悔しい経験をしていた私は、GLCで議論を進める力をつけ社会で活躍したいと思い、GLCへの応募を決めました。

「心に残っている講座」

参加者を巻き込み、活発な議論を促進する力を学ぶ、ファシリテーション講座です。この講座を受講する前は、議論を進める上で大事なことは、自分の意見を多く言うことだと思っていました。しかし、本講座のグループワークで、他人の意見を引き出す力やまとめる力、さらには意見を深める力も大切であるということを学びました。それからは、自分の意見を言うことで精一杯にならずに客観的に物事を見て発言することや、チームメンバーの意見を引き出しまとめることを心がけ、常により良い議論の場を作るように努力しています。また、GLCで学んだことを意識し、授業やゼミ等の様々な機会で実践しています。

「将来の夢」

私は将来、日本だけでなく、世界の困っている人々の、幸せな暮らしづくりに貢献したいと考えています。この夢を持つようになったきっかけは、大学の授業やGLCでの活動を通して、私達にとっては当たり前の生活も、世界では当たり前ではないという現実を何度も考える機会があったからです。夢実現のため3年次にはインドに留学へ行き、文化や価値観を超えて現地の人々と交流し、実際に自分の目で世界の現状を確かめたいと考えています。そして、インドでの経験やGLCでの学びを活かし、卒業後は人々の生活レベル向上に貢献する仕事を通じ、世界の人々に希望を贈る女性リーダーになりたいです。