「GLCに入ったきっかけ」

世界を舞台に活躍する人材になりたいという思いで創価大学に入学した私は、当時、成長できる場所があればどこにでも飛び込んでいこうと決意していました。そんな中出会ったのがGLCでした。ガイダンスに参加した際、壮大なビジョンや、先輩方の圧倒的な実力に一瞬で魅了されてしまったことを今でも鮮明に覚えています。その姿から、卒業生スタッフや先輩方が本気で創価大学の建設に主体者的に取り組もうとされていることを肌で感じ、私も先輩方のように母校のために頑張りたいと心の底から思い応募しました。

「心に残っている講座」

「プレゼンテーション」の講座です。私は人前で話すことに慣れている方だと思っていましたが、講座を通して複数の講師から自身のプレゼンテーションについてフィードバックを頂き、多くの課題が見つかりました。一方、聞く人の反応を気にするあまり発言に自信が無いといった点は、聴衆を観察することに優れているといった強みでもあると、講師の方が一つ一つ私の特性を分析し、可能性を開いてくださいました。この時学んだことを日常生活の中で実践していった結果、今ではプレゼンを自身の強みと思えるほどにまで成長することができました。

「将来の夢」

世界中の子ども達が夢を持てる社会構築に貢献することです。世界には生まれた場所で運命を左右され、明日を生きることすらままならない子どももいれば、日本のように物質的に恵まれているにも関わらず、希望を持てない子どももいます。そのような子ども達が能力や環境に左右されずに夢をもてるよう、生活の質を向上させ、皆を等しくスタートラインに立たせられるよう、グローバルに生活必需品を取り扱う企業で仕事をしたいと考えています。