「キャリア開発フォーラム・World Business Forum」

平川大地(経済学部経済学科39期)<内定先:サンスター株式会社>

井上晶子(経済学部経済学科38期)<内定先:日産自動車株式会社>

本日は「キャリア開発フォーラム・World Business Forum」というテーマで対談を進めていきたいと思います。宜しくお願いします。

平川井上:こちらこそ宜しくお願いします。

まず、自己紹介をお願いします。

平川:経済学部経済学科39期の平川大地と申します。内定先は、サンスター株式会社です。

井上:経済学部経済学科38期の井上晶子と申します。内定先は日産自動車株式会社です。

キャリア開発フォーラム・World Business Forumとは何か教えてください。

平川:「キャリア開発フォーラム(以下、CDF)」とは、キャリア科目の授業の一つです。授業では、様々な業界の第一線で活躍するOBOGの方々が講師として、学生時代の過ごし方やキャリアについて熱く語ってくださいます。

井上:「World Business Forum(以下、WBF)」とは、キャリ職と同じくキャリア科目の授業で、世界を舞台に活躍するOBOGの方々が、グローバルに働くことの魅力を語ってくださいます。授業を通して、世界を舞台に働くことを身近に感じることができます。    

キャリア科目を受講しようと思ったきっかけを教えてください。

平川:僕は1年の前期に、CDFを受講しました。特に将来の夢が定まっていなかったのですが、寮の先輩から、進路を考えることの大切さや、キャリア科目がいかに役立つかを教わりました。それがきっかけで、「大学生活の早い時期から進路のことを視野に入れたい」と思い、受講しました。

井上:私がWBFを受講したのも1年の前期でした。私の場合は、入学前から「世界平和に貢献したい」「世界を舞台に活躍したい」という夢があったので、まず"ワールドビジネスフォーラム"という講座名に惹かれたんです!仕事の中で自分の夢をどう実現するかはまだまだ漠然としていたので、海外で活躍するOBOGの方々から直接、様々な職業についてお話を聞ける点も魅力的でした。

CDF・WBFで出会ったOBOGの方々からどんな印象を受けましたか?

平川: OBOGの方々からは、とにかく「後輩のため」との強い気持ちが伝わってきました!皆さん多忙な中で貴重な時間を割いて講演してくださることに、毎回感謝の気持ちでいっぱいでした。
あんなにキラキラして見えるOBOGの方々も、学生の頃には勉強や読書、クラブとの両立など、毎日地道な努力を重ねられていたことを知り、「自分ももっと頑張れる!」と感じました。

井上: 私もOBOGの方々から、ものすごい情熱を感じました。卒業して何年経っても、創大在学中の出来事を昨日のことのように熱く語り、「世界が君たちを待っているよ!共に頑張ろう!」と呼びかけてくださる姿に、心底感動しました。
授業終了後にも、OBの方が全身汗だくになりながら一人ずつ丁寧に質問に答えてくださっていました。
私が「毎日仕事をする中で、世界平和を意識することはありますか」と質問すると、迷いなく「世界平和に貢献するために、毎日全力で働いて力をつけているよ」と答えてくださり、その力強さと真剣さに「自分もこうなりたい!」と心から思いました。

平川: そうですよね。僕もOBOGの方々の話を聞いて、卒業しても母校に帰ってきて後輩のために貢献したいと思いました。

履修中、どんなことを意識して授業に臨んでいましたか?

平川:「希望の進路に進むには大学時代何をすればいいか」を学び取る姿勢で臨んでいました。入学当時は学生生活4年間をどう過ごすかなんて全く考えていませんでしたが、どのOBOGの方々も共通して「学生時代に何かをやりきっている」ということを発見して、自分も何かに挑戦しようという気持ちになりました。

井上:私は、OBOGの方々が学生時代やっていた工夫を一度マネしてみることを心がけていました。例えば、専門書や世界の名著を読む、10時間勉強、英語で映画を見てわからなかった単語を書き取るなど、です。「世界を舞台に活躍する」には毎日の地道な努力が必要だと強烈に感じました。私も、自分の可能性に対して限界を決めずに、毎日とことん本気で取り組もうと決意しました。

履修後、意識や行動に変化がありましたか?

平川:「大学時代は学びに学び抜いた」と語られるOBOGの方々の話がきっかけで、大学時代に徹底して勉学に励もうと決意しました。勉学って比較的地味なイメージがあるじゃないですか(笑)でもその方は輝くように当時のことを話されていて、僕は「勉学でも青春できるんだ」と感動したんです。それが大きなモチベーションとなり、英語・経済学の勉強などに力を注ぐことができました。

井上:もともと私は「世界平和に貢献=国際機関で働く」と考えていました。しかし、授業でグローバル企業で働くOBOGの方々の話を聞く中で、ビジネスを通してでも、世界平和に貢献できると気付き、視野が広がりました。一方で、「現在の自分」は英語も得意じゃないし、世界で活躍できる自信もない、など夢と現実のギャップを感じました。このギャップを埋めるための学生生活を送っていこうと決め、インドへの留学や英語の勉強、リーダーとしての経験など様々なことに挑戦していきました。

CDF・WBFがどのように夢・進路決定に影響したと思いますか?また学んだことが今でも活かされていると思いますか?

平川:飲料メーカーで働くOBの方の講演を通し、多くのお客様に対して目に見える商品を通じて仕事ができるといった『モノづくり企業』で働く醍醐味を知りました。それがきっかけで、就職活動ではメーカーを志望し、今の企業に内定をいただくことができました。商品を通して、世界中の日常生活に新たな文化を創造することが僕の夢です!

井上:授業を通して意識し始めた「なりたい自分」像が、その後挫折しそうな時も自分を支えてくれました。英語の勉強や読書から逃げたくなる時にも、「世界を舞台に活躍するためには、今日の努力が必要だ」と思い出し、「途上国の人々に夢や憧れ、より豊かな生活を提供する」という夢に向かって踏ん張ることができました。授業で学んだ「周りと比べるのではなく、なりたい自分と今の自分を比較すること」は今でも活かされていると思います。

平川:僕の場合は、働く醍醐味を考えられるようになったことが今でも活かされています。受講当時は、仕事は辛いだけだと思っていましたが、OBOGの方々が仕事について熱弁されているのを聞き、「働くって楽しいんだ」と考えるようになりました。今では、10年後、20年後のキャリアビジョンなど自分の将来の仕事についてワクワクしながら考えています。

どんな人にキャリア科目をおすすめしたいですか?

井上:WBFは「世界を舞台に働きたい」と本気で思っている人におすすめです!夢を夢のまま終わらせてしまうか、夢を現実の目標に変え、勇気を出して挑戦していくかは自分次第です。WBFは、本気で世界を目指す人にとっては、大きな目標に向けての一歩を踏み出せるきっかけになります。

平川:キャリ職は少しでも夢を考えたいと思っている人におすすめです。僕の場合、仕事を考えること自体、あまり乗り気ではありませんでしたが、OBOGの方々のお話や受講生との議論を通して、働くということ、そのために大学生活で挑戦すべきことについて積極的に考えるようになりました。

最後に後輩の皆さんへメッセージをお願いします。

平川:将来の夢がすでに決まっている人、現在模索中の人、とにかく何かに熱中したい人、人によって状況は様々だと思います。そのような自分の内に秘めた想いを同期の学生の皆さんと共有し合い、成長していってください!

井上:入学時には漠然とした夢しかもっていなかった私が、こうして「世界を舞台に活躍する」という夢のスタートラインに立つことができました。皆さんも、自分にしかできないこと、自分にしか叶えられない夢を信じて、日々挑戦の学生生活を送ってください!

本日は貴重なお話をいただき、本当にありがとうございました!

(2013年3月制作)