悩み多き高校生活、創価大学で未来が見えた。

 「悩み多き高校生活、創価大学で未来が見えた。」卒業を前に感じることです。高校時代、 明確な夢が描けずに悶々としていました。

 そんなときに訪れた創価大学のオープンキャンパス。 出会った先輩方のキラキラした姿を見て、この大学には何かあると感じ 創価大学で学びたいと思いました。

 入学後、自分の未来を描き、切り拓くための土台をつくるキャリアサポート体制が 整っていることに大変驚きました。特に1年次に履修したキャリア科目、「キャリアデザイン基礎」。 授業の運営や私たちの夢を一緒に探し、夢の実現に向けて考えてくれるキャリアサポートスタッフの 先輩方が、悶々とした私の未来を明確にしてくれました。

 また、教員やキャリアセンターの職員の方々も、学生一人ひとりの可能性を信じ真摯に 向き合ってくださいました。 そのような大学は他にはないと思います。

 多くの温かいサポーターに囲まれ、創価大学のサポートをフル活用し、4年間かけて 夢を発見することができました。 今は、入学時の私と同じように進路に悩んでいる後輩の相談にのれることが、 何よりの喜びです。

[特集]誰もが輝ける理由(ワケ)。