日頃から本学の教育活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 本学ではキャリア教育の一環として、インターンシップを全学的な取り組みとして強く推進しています。学生にとってインターンシップは、将来のキャリアプランが明確になり、今まで以上に学習 意欲が高まり、学習姿勢も主体的・能動的に変化するなど、重要なものになると考えております。

キャリアセンターとしてもインターンシップを単なる職場体験に終始させるのではなく、学生の就 業意識・学習意識を高め、いずれインターンシップを経験した学生が社会に価値を還元できるよう、努めて参ります。 企業・団体の皆さま方におかれましては、業務ご多用中のところ誠に恐縮ですが、ご協力賜りたくお願い申し上げます。


 インターンシップ受入れのお願い(PDF冊子)

受入機関・団体の皆さまへのお願い事項

受入機関・団体の皆さまには以下のご対応をお願いしております。

1)「募集要項」「インターンシップ・プログラム」の作成と送付[実習前]

募集要項をダウンロードしていただき、作成をお願いします。「インターンシップ・プログラム」 については、下記の例を参考に作成をお願いします。

インターンシップの受入期間につい ては、5日間40時間、もしくは10日間80時間、それ以上の期間で受入をご検討頂ければと思います。作成終了後、本学へ提出をお願いします。

実習期間 実習項目 主な内容
1日目 オリエンテーション 会社の概要説明、 基本マナー講座の受講、 受入部署への挨拶
2~4日目 総務部門体験 担当者によるPCの実習、 伝票の処理、 電話対応、 資料作成業務
5~7日目 営業部門体験 電話対応、 実際の営業の基本を学ぶ営業同行
10日目 成果発表・まとめ 人事部長の前でインターンシップの成果を発表、 受入部署に挨拶

※夏季の場合は4月~5月頃、春季の場合は10月~ 11月頃までに本学へ送付を お願いします。

2)訪問受入、及び、「実習承諾書」の送付 [実習前]

実習生がご挨拶に伺います。その際、「実習承諾書」「アンケート」「修了認定書」の 書類3点を持参しますのでお受け取りください。「実習承諾書」は実習開始までに本学へ 送付をお願いします。

3)「実習日誌」へのコメント記入 [実習期間中]

実習生が実習中に「実習日誌」を作成します。コメントの記入をお願いします。

4)「アンケート」と「修了認定書」の送付[実習終了後]

実習が終わりましたら「アンケート」と「修了認定書」の送付を本学までお願いします。

参加者の声

John Doe
文学部 人間学科卒業

阿部薫子(Kaoruko Abe)

実習先がBtoB企業であったため、インターンシップに行く前は事業内容についてイメージが持てませんでしたが、実際に 営業に同行させていただき現場を見る中で、BtoB企業のビジネスと自分の生活のつながりを見つけることができ、とても勉強になりました。

(外資系ソフトウェアメーカー勤務)

Josh Clark
経営学部 経営学科卒業

植村理奈(Rina Uemura)

インターンシップを通じて、実習先の企業に強い魅力を感じました。少人数の会社でしたので、自分の行っている業務が、会社全体の ビジネスに与える影響を実感することができました。また、経営陣の方との距離が近いため、日頃関われない立場の方々から、多くの事を学びました。実習前には注目していなかった企業にも目を向けるようになり、企業選びの幅が広がりました。
(大手日系IT企業勤務)

資料送付先

創価大学 キャリアセンター インターンシップ担当者宛
〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
TEL:042-691-3523
FAX:042-691-9306
email: internship@soka.ac.jp

MENU